商業登記について|コラム|相続・遺言、不動産登記、渉外登記、商業登記のご相談なら東京都葛飾区の司法書士事務所オーヤケ・リーガル 服部事務所

  • メールボタン

商業登記について | コラム

商業登記とは、会社や法人を設立する際に必要になる手続きです。
設立時に、法務局の商業登記簿に会社の情報を登録しなければ、会社の設立を第三者から認めてもらうことはできません。
商業登記を行うことで、会社として認められます。
会社や法人を設立する際には、様々な手続きなどが求められるため、知っておきましょう。
また、商業登記は会社の設立だけではなく役員の変更や本店の移転、資本の増資・減資、解散など状況に応じて必要になります。
商業登記は、代表取締役が原則となっていますが、代理人として司法書士が申請することも可能です。
会社の設立時や役員の変更などの際には、司法書士に任せてみてはいかがでしょうか。
司法書士は、商業登記の手続きや書類の作成、申請の代理を行います。

渉外登記の手続きは特殊な書類が必要になります。渉外登記の手続きをしようと準備している人は必要な書類について知っておきましょう。外国籍の場合など、条件によって必要な書類が異なります。

・・・つづきはこちら

遺産相続の際には相続登記を行いますが、前妻に子どもがいることが原因で、手続きがスムーズに進まないことがあります。司法書士などの専門家に相談しながら慎重に手続きを進めていきましょう。

・・・つづきはこちら

相続登記の手続きに必要な書類は、状況によって異なります。何度も行う手続きではないため、用意する書類がわからない人も多いです。どのような書類が必要であるか知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

商号登記は個人事業主だけが活用できる屋号の登録制度ですが、これには気を付けなければならない注意点があります。まず類似する屋号を使用することができないので予め確認することが必要です。

・・・つづきはこちら

商業登記簿は、法務局に手数料を納付することで誰でも閲覧や取得ができます。商業登記簿は主に4つの種類があるほか、印鑑証明、登記事項要約書もあります。申請手数料は登記印紙で納付します。

・・・つづきはこちら

「商業登記」とは、商法などに規定された商人の一定の事項について商業記簿に記載し、一般の方々に対して、取引をするうえで重要な事項を公示を目的とした制度のことをいいます。

・・・つづきはこちら

商業登記は、法務局で行う、郵送で行う、オンラインで行う、3つの方法があります。書面で登記する際の注意点は知らないと損をしてしまう可能性がありますので頭に入れておきましょう。

・・・つづきはこちら

登記申請には、登録免許税という税金を支払わなければいけません。申請の内容によって税金の算出方法は違います。会社設立登記申請では、設立する会社の資本金の額が課税標準金額となります。

・・・つづきはこちら

商業登記には3つの法律があり、商法、会社法に規定されています。今回、この商業登記の法律についてご紹介します。注意しなければいけないことがありますので一度確認しておきましょう。

・・・つづきはこちら

新規の取引をする場合、一番最初に入手することができる資料が「商業登記簿謄本」です。企業の情報が詰まっており、企業の信用にも関わっていることですので知っておく必要があります。

・・・つづきはこちら

商業登記簿謄本は法務局で取得することができます。しかし、商業登記簿謄本が欲しい会社の所在地を管轄している法務局でしか取得できませんので、事前にどこの管轄なのか調べておきましょう。

・・・つづきはこちら

増資とは新たな出資によって会社の資本金を増やすことで、増資の内容を商業登記簿に登記することを『増資登記』と呼びます。企業の対外的な信用力強化にもつながるので、増資登記は重要です。

・・・つづきはこちら

法人登記とは会社が社会一般にその存在を証明するためのものです。会社とは実体のないものであり、営利目的の会社は商業登記、非営利団体の場合は法人登記によって存在が証明されます。

・・・つづきはこちら

会社はただ事業をやめただけではその存在が消えません。解散・清算の手続きを完結することによって初めて会社が消滅することになります清算完結までには最低2か月を要します。

・・・つづきはこちら

株式会社を設立し、商業登記するときには会社の本社エリアにある法務局で行います。書類に不備が見つかると修正をすることになり、手間や時間がかかってしまうので気を付けましょう。

・・・つづきはこちら

会社の役員や取締役が任期によって任務を終了し、新しく選出されたらその取締役を商業登記しなければなりません。登記しないことによって会社の信用が薄れる可能性があります。

・・・つづきはこちら

2006年に会社法が施行されるまで、商業登記で有限会社を選ぶ企業は少なくありませんでした。今回は、株式会社へ商号変更する方法と対外的なメリットについてご紹介します。

・・・つづきはこちら

法人を設立する際は商業登記を行わなければいけません。面倒な作業ということで、司法書士などに任せる人がいるのも事実です。ここではご自分で商業登録をする場合の流れをご紹介します。

・・・つづきはこちら

法人設立は多くの人の夢でもあります。ただそれに伴う申請や手続きは大変で、自分の力だけで行うのは厳しいかもしれません。プロに任せた方が費用対効果にも優れているとされています。

・・・つづきはこちら

会社の運営に変化がある場合は、必ず商業登記の変更を行いましょう。些細な変更であっても、会社法などをはじめとする法律で定められていますので、必ず申請しなくてはなりません。

・・・つづきはこちら

企業は、必ず商業登記申請または商業登記変更申請を行う必要があります。これを怠ると、会社の代表に対して科料と呼ばれる制裁金が発生することがありますので注意しなければなりません。

・・・つづきはこちら

マンションを購入した人が加入することになるマンション管理組合ですが、これを法人化することで得られるメリットも多数あります。法人化に際しては司法書士に頼ると良いでしょう。

・・・つづきはこちら

定款の変更は気軽にできるものではなくてトップの一存のみで決められるものではありません。それだけ定款が果たす役割は大きく、これを変更する際には場合によっては商業登記が必要です。

・・・つづきはこちら

商号変更というのは決して珍しいものではなくて、大企業の中にも変更している例は多いです。しかしこれを変えるにあたっては商業登記申請を行ったりなどしなくてはいけません。

・・・つづきはこちら

会社経営をしていると商業登記をすることも多々あるでしょう。譲渡制限規定を変更しなくてはならないときにも、商業登記の申請を管轄している法務局に行うことになります。

・・・つづきはこちら

登記事項証明書と登記簿謄抄本の違いは些細で、結局はコンピュータ化されているかどうかという点が違います。現在はほとんどの登記がコンピュータ化されていて、登記事項証明書となります。

・・・つづきはこちら

定款に絶対必要な記載事項が存在しています。それに対して定款に加える必要がないというものも存在しており、見極めが重要になってきます。司法書士に確認することをおすすめします。

・・・つづきはこちら

商業登記には様々な種類がありますが、支店登記というものもあります。本店だけではなく、支店がある企業や、今後支店を設置する予定がある場合には、支店登記申請が必要となります。

・・・つづきはこちら

ビジネスにおいて、電子認証制度を活用することにより、今までよりも効率的に、確実性の高い証明をすることができるようになりますので、企業間取引での使用も進んでいます。

・・・つづきはこちら

商業登記における目的変更登記をする企業は意外と多いのが実際のところです。株式会社の場合は少々ややこしいかもしれませんが、専門家に相談することによって非常にスムーズに進むでしょう。

・・・つづきはこちら

企業によっては資本金の金額を減らしたいと考えますが、いくつかのルールが存在しています。また資本金の減資にあたり、株主総会における特別決議や、商業登記申請も行う必要があります。

・・・つづきはこちら

会社を休業することもできますが、そのためには定められている手続きが必要です。休業時には商業登記に関する手続きは必要なく、廃業に比べると楽ですが、税務署などへの手続きは必要です。

・・・つづきはこちら

取締役は登記に記載されている事項のため、就任する際には商業登記申請が必要です。未成年であっても通常の手続きとそれほど変わりませんが、15歳以下は取締役になれない場合があります。

・・・つづきはこちら

役員に就任することになると会社内部だけの手続きで済ませられず、管轄している法務局に商業登記手続きをします。登記申請書などの書類以外にも、各種添付書類も必要です。

・・・つづきはこちら

役員に就任の際には商業登記に関する手続きをしますが、本人確認できる証明書の提出も義務づけられます。以前は代表取締役のみが該当していましたが、ルールの改正で厳格化されました。

・・・つづきはこちら

商業登記の手続きに、条件次第では株主リストの提出が義務付けられるようになりました。各条件や内容次第では不要なケースもありますが、株主リストは決議を要する際には用意すべきです。

・・・つづきはこちら

外国法人の支店を日本で設立することができます。支店を設立する場合は、渉外登記が必要です。渉外登記を確実に早く行いたい場合は、司法書士などの専門家に依頼しましょう。

・・・つづきはこちら

外国人を役員として国内会社に招く場合は、経営や管理ビザなどの在留資格の取得や渉外登記の手続きも必要になるため、司法書士などの専門家に相談してみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

相続分や相続人の判断は韓国民法と日本民法で異なる部分が多く、渉外登記の手続きには専門的な法律知識が必要になります。司法書士であれば、在日朝鮮人の相続問題を解決することが可能です。

・・・つづきはこちら

外国人の不動産売買は、日本人と同様に売買をすることが可能ですが渉外登記の手続きが必要です。渉外登記の手続きが複雑で法律も関係してくるため、専門家に相談することをおすすめします。

・・・つづきはこちら

遺産を相続する際は、名義変更をしなければなりません。名義変更をする手続きのことを相続登記と言います。相続登記には生まれてから亡くなるまでの戸籍謄本等が必要になります。

・・・つづきはこちら

相続登記の手続きには、委任状が必要なケースがあります。それは、司法書士などの専門家に依頼する場合です。相続登記の手続きができるのは、日本では弁護士と司法書士です。

・・・つづきはこちら

渉外登記とは、外国人が日本で株式会社などの会社設立の際にしなければならない手続きや取引きに発生する登記手続きのことです。会社設立に必要な渉外登記の流れについて知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

不動産を相続する場合は、相続登記をしましょう。相続登記は被相続人から相続人に名義変更を行う申請のことです。誰が申請を行うのか、申請人になるとどうなるのかを知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

相続登記の手続きを行う際には、遺言書があるか、ないかで必要な書類などが変わってきます。また、遺贈であるのか相続であるかについても手続きの方法が変わってくるため知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

相続をする際には様々な手続きが必要になり、手続きによって期限も異なります。相続登記には期限がありませんが放置するとデメリットが発生する可能性があります。短期間で手続きをしましょう。

・・・つづきはこちら

相続登記の費用は、自分で行う場合と司法書士に依頼する場合とで異なります。司法書士の依頼内容や、不動産評価額の変動によっても変わってきますが、大体の相場を知っておくことは大切です。

・・・つづきはこちら

相続登記をする不動産の住宅ローンがある場合、団体信用生命保険に加入していれば完済となります。加入していない場合は相続人が支払うことになりますが、相続放棄をすることができます。

・・・つづきはこちら

海外で生活しながら日本の不動産売買や、経営、相続を行う外国人が増えてきておりますが、その方々は特殊な手続き(渉外登記)が必要になります。必要になる場面を把握することが重要です。

・・・つづきはこちら

登記はご自身が取得した不動産の権利を守るために存在しており、とても大切な手続になります。また渉外登記は3種類ありますので、どの申請が必要なのかを知っておくことが大切です。

・・・つづきはこちら

外国人が日本の不動産を購入する場合、様々な条件がありますが購入することは可能です。住宅ローンを組む場合は、永住権が必要になります。購入した後は渉外不動産登記を必ず行いましょう。

・・・つづきはこちら

海外に居住している日本人が外国籍を取得している場合、日本国内の親や兄弟からの遺産を相続する際に、外国の法律の適用や、外国で作成された書類が必要となるため、渉外登記の扱いとなります。

・・・つづきはこちら

渉外登記を行う際、司法書士と弁護士のどちらに依頼をすればいいのかを迷う方は多いです。しかし、それぞれに専門的な分野があり、登記に関することは司法書士にお任せすることをお勧めです。

・・・つづきはこちら

外国人が日本の不動産を購入する際は、問い合わせ後、面談、書類作成、決済、登記の流れで行われます。本人確認、居住地確認の他、海外からの書類取り寄せ、翻訳などが必要です。

・・・つづきはこちら

渉外登記は、ことばの壁や各国の制度の違いにより処理がより煩雑で難しくなります。万が一のトラブルにも迅速に対応できるよう、海外にも情報網を持っている信頼できる司法書士を選びましょう。

・・・つづきはこちら

現行の法律では、外国人でも日本国内の不動産を自由に取得できますが、渉外不動産登記の手続きが必要です。日本に非居住の外国人が日本国内の不動産取引を行う場合は、報告義務が発生します。

・・・つづきはこちら

取得する不動産の購入費用などを確認したら、渉外不動産登記に必要な公証書類、身分証明書、印鑑などを用意します。専門家と連携して作業するため、早めに着手して準備を進めましょう。

・・・つづきはこちら

遺産分割協議では印鑑証明書が必要ですが、相続の関係者が海外に居る場合などは署名証明の交付を申請します。本人の自署を証明する書類で、日本で印鑑証明に代わるものとみなされています。

・・・つづきはこちら

外国人が日本で亡くなった場合、相続に関わる渉外不動産登記の手続きでは、戸籍に代わる証書類で相続の事実を証明する必要があります。例えば、死亡証明書や出生証明書、婚姻証明書があります。

・・・つづきはこちら

海外に居住する日本人の相続人については、渉外相続登記の扱いで手続きをします。日本国内での相続手続きに必要な印鑑証明に代わる証書として、署名証明や在留証明があります。

・・・つづきはこちら

遺産分割協議では、海外に居る相続人が行方不明でも、その人抜きで協議を進めることはできません。相続財産の管理を委託することはできますが、協議に代理参加するには別途に許可が必要です。

・・・つづきはこちら

相続人同士に面識がない場合、遺産分割協議で時間と手間がかかります。相続人が海外に在住する外国籍の人である場合の渉外相続登記は、準拠法の違いも加わってさらに煩雑化します。

・・・つづきはこちら

渉外相続は、該当する外国の法律によって手続きが異なってきます。渉外登記も準拠法に準じ、基本的にはA国人が日本で亡くなるとA国の法律が適用されます。しかしその例外として反致があります。

・・・つづきはこちら

渉外登記、渉外相続が難易度が高いのは多くの人が承知していることでしょう。例えば日本国籍のない外国籍の人が相続人になった場合、一般的な相続時に比べて、すべきことはかなり増えます。

・・・つづきはこちら

日本に住んでいる韓国人の中には出生などの手続きを韓国では行っていないケースもあり、いざという時に整合性を取るのに苦労します。渉外登記などをスムーズに行うためにも戸籍整理は重要です。

・・・つづきはこちら

渉外登記、渉外相続手続きというと外国人が日本に住んでいる場合などに起こる事柄だと思っている方が多いです。しかし、海外で暮らす日本人にも該当し、海外公館・領事館が窓口になります。

・・・つづきはこちら

渉外登記や渉外相続は、その国によってルールが異なります。例えばアメリカ市民権を日本人が持つということは二重国籍になります。二重はNGなので、日本国籍から脱するということでしょう。

・・・つづきはこちら

外国人と婚姻関係にあったとしても、本国に妻がいたなどの問題で、婚姻関係自体が有効性を持たないケースがあります。その場合にはまず、婚姻の正当性の判断からすることになります。

・・・つづきはこちら