相続・遺言のご相談なら東京都葛飾区の司法書士事務所オーヤケ・リーガル 服部事務所

  • メールボタン

相続登記

まずはご相談ください

人(被相続人)が亡くなった際、その人の財産的な地位をしかるべき資格のある人が受け継ぐことを、「相続」といいます。
相続財産」「遺産」というのは、被相続人から相続人に受け継がれる財産のことです。

相続税は節税できないのか、相続登記はどうすればいいのかなど、
相続の手続きは多岐にわたります。
司法書士はそのすべてについてお手伝いできるというわけではありませんが、
それでもまずは私たち司法書士にご相談ください。

個々の相続に関わる問題や手続きの流れを整理し、その後に各専門分野に応じて、
当事務所より税理士さんや弁護士さんを紹介させていただきます。

相続登記とは

相続人が引き継ぐ遺産は、土地、建物、現預金、貸金や売掛金など多方面に及びます。
あるいは、そのようなプラスの財産ばかりでなく、被相続人が借金や損害賠償債務などを抱えていた場合
こうしたマイナスの財産も相続の対象となります。

土地建物やマンションなどの不動産の場合は、名義変更が必要になります。
不動産の所有者の名義は全国各地の法務局で取得できる登記事項証明書に記載されていて、
相続が発生した場合、不動産の所在地を管轄する法務局への報告が必要です。
この報告の手続きが、「相続登記」と呼ばれるものです。

登記は自分の権利を守るためのとても大切な手続です。
当事務所がお手伝いいたしますので、必ず行うようにしましょう。

当事務所は相続に関して熟知しております

Point 01
国際案件が得意な所長が直接対応いたします。

所長は長年外国人が関与する相続登記案件(国際案件)にも取り組んできました。
遠慮なくご相談ください。

Point 02
明朗な料金設定で安心です。

最近、よくわからない料金を提示されたという声も聞きます。
当事務所では、はっきり何にどれくらいかかっているのかを事前に提示させて頂きます。

Point 03
弁護士、税理士などのネットワークも含め、
相続に関するものすべてトータルサポート致します。

相続の場合、弁護士、税理士など様々なところ、様々な依頼をする必要がありますが
当事務所では、全てのネットワークを持っておりますので、トータル的にサポートさせて頂きます。

必要書類

被相続人に関して必要なもの

  • 戸籍謄本
  • 住民票の除票
  • 戸籍の附票
  • 固定資産評価証明書

相続人に関して必要なもの

  • 戸籍謄本
  • 住民票
  • 印鑑証明書
  • 登記簿謄本
  • 遺産分割協議書
  • 相続関係図
  • 委任状